ルピナスの特徴

ルピナスの特徴

児童発達支援センター仕様の建物

—エレベーター、床暖房、園庭、厨房、スヌーズレンルーム、ボールルーム、相談室、沐浴室、送迎など療育に最適な環境となっています。

おいしい給食

栄養士が心を込めて自園調理いたします!

資格をもったスタッフ

臨床心理士・看護師・保育士が在中!

日中一時支援

8:00~17:30の間でご利用可能です。
利用をご希望の方はご相談くださいませ。

「楽しんで学ぶ」を目指すプログラム

お子さまの行動を常にポジティブに捉えてコーチングの指導を元に自分の居場所や自分を認めてもらえるという心理的安全性の高い場所と感じてもらう事で自己肯定感を高めていきます。

お子さま一人ひとりに合わせたアプローチ

お子さま一人ひとりの発達状況やニーズに合わせたその時のお子さまに必要なプログラムを個別目標に設定します。「できた!」を増やして的確な発達段階の獲得を目指します。

「自信」を持たせ「できた!」を増やす為のプログラム

「できた!」という成功体験を一つひとつ積み重ね、チャレンジ精神を育みます。「ほめ方」を重視します。

心身ともに健康で居られることのスキルアップを重視

「からだ」「こころ」「くらし」「まなび」は密接に関係しています。この4つのスキルを個別プログラムにより、バランスよく育んでいきます。

デジリハによる療育プログラム

静岡県初デジリハによる療育プログラムが取り組める施設です。

デジリハ(Digital Interactive Rehabilitation System)は、
リハビリをアソビに変える、 デジタルリハビリツールです。

各種センサーとデータで、あなたのリハビリを見える化。
アプリにはゲーミフィケーションの要素を取り入れ、
「もっとやりたい」を実現します。

リハビリをもっと楽しく、主体的に。 ココロとカラダを、動かそう!

発達に合わせた遊びと人とのふれあい

定期的に発達段階の評価をし、個別支援計画などに活かし、お子さんの成長に合わせた療育活動を行います。
ポジティブな言動を心がけ、やった!できた!嬉しい・楽しいの気持ちを大切に、自発性、探索意欲を高めていきます。
職員一同、個人のペースに合わせて成長を見守り、支援させて頂きます。

縦・横のつながり

縦・横のつながりを大切にしています。
就園、就学、友達関係、生活リズム、ことば等、様々な日頃の悩みや情報を共有できる場や、お話を聞く機会を作り、安心して子育てができるよう、サポートいたします。

いちにちのようす

基本理念

  1. 一人ひとりの子どもが持っている可能性を最大限開花させられるよう、自分らしく生きられるようになることを追求します。
  2. 発達支援、療育は子どもたちを中心に、その家族、個人を取り巻く環境の背景の状況を適切に把握し、成長発達の著しい時期での、よりタイムリーで適切な支援を追求しま
  3. ルピナス児童発達支援事業所は地域の障害児支援の拠点となるよう療育の専門性を追及していくとともに、子どもと家族に寄り添う最も信頼される施設をめざします。す。

基本方針

  1. 障がい特性に応じた専門的な個人計画の支援が提供されるよう、そして家族が子育ての過程で手応えを会得できるよう知識と技量の研鑽に励みます。
  2. 子どもの意思および人格を尊重する支援を提供します。
  3. 地域と家庭を中心に行政機関、福祉サービスを提供する事業所との連携に努めます。
  4. 児童の人権擁護、虐待防止等の必要な体制の整備を行うとともに、職員の研修を定期的に実施します。